中古車の下取り0円、買取り5万円でした

車を購入する際、必ずそれまで乗っていた車の下取りがあると思います。
大部分の人は自動車ディーラーなどの購入先で下取りしてもらうと思います。

 

私が購入するまで乗っていた車は10万キロを超え、エンジンの調子もいまいちといった感じで、どうせほとんどお金にならないだろう。
と覚悟はしていたものの、ディーラーの査定では本当に値がつきませんでした。

 

いわゆる0円査定というやつですね。
乗っていた車が他社のものだからというのも少しは関係していたかもしれません。

 

もし少しでもそこで値をつけて頂いていたら、それで手を打っていたのですが、値がつかなかったことから車一括買取へダメもとで見積もりしてもらいました。
すると5万円の値段がついたのです!

 

車の金額を考えると5万円なんてちっぽけですが、0円と5万円では全然違うと思います。
ディーラーが直接値引きしてくれたものではないですが、別の場所へ足を運ぶ手間を考えたとしても買取会社へ出向いて正解だったと思いました。

 

査定について

査定に来てくれたスタッフの方は、最初は渋い顔で「ちょっと値段がつくか分からないですけど」などと言っていたので、やっぱりダメかと思っていたら、値がついたのです。

 

しかも最初に提示してもらった金額よりプラス1万円のせることができました。
これは今日ここで売るとお約束頂けたらという話でしたが、それで1万円もプラスになるならば、お願いしようということになり、納車のタイミングで引き渡すことでお約束に契約が成立しました。

 

新車購入時の直接値引きとは関係しませんが、車の合計金額から差し引かれる分と考えるとこれも一つ手法だと思います。

 

車買取会社の情報によると、どこのディーラーより買取会社の方がどんな車であろうと少し高く引き取ってくれるということがわかりました。

 

なので、ディーラーでそのまま下取りに出すことは、かなりの確率で損することになると思います。
それは私の場合スバルでも同様でした。