新古車とは?

新古車は一見してみると外見や内面に関しては、ほぼ新品に見られます。
なので、購入した後に周りの方が見ても、新車以外であると思われることは絶対にないでしょう!

 

新古車についての解説

 

しかし、書類上の扱いは新品になっておらず、中古車として扱われます。
誰も乗ったことがないので新品の中古車という不思議な状態の車であると言えます!

 

なぜ新古車が存在しているのでしょうか?

その理由としては、、
新車ディーラーが販売したという実績を作る為に、ディーラー名義で登録を行ってしまうからです。

 

つまり、ディーラーが自社で自分のところの新車を購入して、販売台数を増やしているのです。
成績を良く見せようということですね。

 

なぜ、そのような面倒なことをしなければいけないかというと、各メーカーのディーラーには、きついノルマが課せられているからです。そのノルマをクリアするためにディーラー自身が購入しなければいけないことが起こってしまいます。

 

それを、後で安く販売しているのが新古車です。

 

書類上は中古車の意味

自動車は、まだ誰も乗っていない新品の車であっても、名義登録を行ってナンバーが発行されると「中古車」として扱われるという決まり事があります。
そのために、書類上では中古車であると言える状況になるわけです。

 

新古車は見た目や内面は新品なのに、書類上では申請者が既に存在するために、中古車扱いになってしまったということですね。

 

メリットは?

では、新古車を購入する利点・メリットとは一体何なのでしょうか?
まずは、価格が新車よりも安いことです。
新車ではなく、中古車という扱いですので、新商品だとしても価格が安く手に入ります。

 

次に税金が安いということです。
この場合も上記と同じ様に、中古車扱いということで様々な税金が安くなります。

 

最後に諸費用が安いということです。
新車を購入する場合、様々な手続きが必用になってきます。
しかし、扱いは中古車ですので必用書類も少ないのです。なので、それにかかる費用なども削減されるということです。

 

どうやって探すの?

従来なら新車ディーラーや中古車販売店を一軒ずつまわって、情報収集を行う必要がありました。
なので新古車は非常に稀少なものだったのです。

 

ですが、今ではネットを利用して簡単に見つけられます。
当サイトでは、その方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。