値引き交渉開始

スバルでいざ「インプレッサスポーツを購入する」と決めた後、販売員さんに見積もりを出してもらい、駆け引きがスタートしました。

 

始めは全く値引きなしの見積もりを提示してきました。
その金額は、のちに私たちが実際に購入した金額の「+28万円の値段でした。

 

まず、こちらから「購入を決めはしたものの、その日は購入するか迷っている」と伝えました。
そして、販売員から出してもらった見積もり金額でつまづいている様子を販売員にアピールをし、その日は我慢して帰宅したのです。

 

2回目の交渉

全て夫婦で行ったのですが、ディーラーに行く前に2人の中でこの金額まで頑張ろうという金額を設定しました。
販売員にこの値段以上はだせないということを伝え、今のままじゃ購入できないと言いました。

 

まずは、こちらも付けたいオプション全てそのままでは交渉しづらいというのもあり、妥協できるいらないオプションを選択し「これをやめます」と伝え、その度に電卓をはじいてもらいました。

 

販売員とのコミュニケーションをしっかりととりながら行いました。
すると販売員が「純正のオプションを値引きするのは難しいのです」とこぼしたのです。
このキーワードを聞き逃す訳にはいきません。

 

結局、本革シートを諦め、キーレスアクセス、プッシュスタート、ポッピアップウォッシャーを代わりにつけてもらいました。

 

また、今まで乗っていた車の下取りをお願いしたところ、値段はつかない(0円)と言われました。

 

この時点で車体価格を当初の購入金額より「+14万」のところまで値下げをしてくれました。
1回目の交渉から14万円引きです。

 

その日はこれで一度検討すると伝え帰宅しました。

 

最終交渉

ネットで色々調べると平均で20万までは値下げが可能ということを下調べしてありました。
それを頭の片隅に置き、交渉スタートです。

 

すると今回は販売員さんの方から、お客様感謝DAYを先取りして少し値下げしてくれるとの話がありました。

 

前回純正のオプションを値引きするのは難しいという話を聞いていたので、始めはつけるつもりのなかったオプションで値下げしてもらえそうなものを選び、これら(インパネとETC)をつけて頂けたら購入すると伝えました。

 

また、今まで乗っていた車は、一括査定をしたら値がつきましたと伝えました。

 

すると販売員はそうきたか!という顔をし、また電卓をはじいてくれました。
スバルでは車を引き取れない分、車体価格から値引きをしてくれたようです。

 

そして、でた金額が始めの金額から28万円値下がった金額でした。